7月1日より、沖縄を訪問予定の一定の経済的条件を備えた中国人個人観光客を対象に、個人観光マルチビザの発給が決定しました。


この観光マルチビザの条件は以下のとおりです。


1.ビザの有効期限は3年間

2.ビザ保有者はこの間に何度でも日本を訪問することができる。

3.一回の訪問で最長90日まで日本に滞在可能(今までは15日)

4.第一回目の日本訪問は、沖縄から入国することが条件

5.2回目以降は、日本のどこからでも入国することができる

6.観光以外の親族・友人訪問や遊学などさまざまな活動も可能


このマルチビザでも年収やゴールドカードなど経済力に加え、犯罪歴などの条件が設定されるが、条件は公表されないとのこと。外務省では「ビザの条件を事前に公表すれば、申請時に偽造の恐れがあるため」と説明しています。


すでにこれを受けて、中国の各航空会社では、沖縄便の新設や増便を予定しています。


このビザでは第1回目は必ず沖縄から入国しないといけないため、沖縄の中国人向けビジネスの市場はより広がると思われます。


今後は、沖縄からの中国語ホームページ制作依頼が増えるかもしれません(笑)


上海の中国語サイト制作なら「中国語WEB制作工房」