11月12日のニュースによると、タオバオモール(淘宝商城)の料金改訂に不満をもった中小店舗が、抗議のために大型店舗を集団攻撃したそうです。


今回10月10日に発表された2012年度のタオバオモール料金改訂では、今まで年間6千元だった技術サービス費が3万元〜6万元、保証金は年間1万元から5万元〜15万元と大幅アップしました。


公式理由としては、タオバオモール出店店舗の販売行為を厳正管理するためとのことですが、実際は資金力の無い中小店舗の締め出しになります。


それに反発した中小店舗の呼びかけで7000人ものネットユーザーが、10月11日の夜9時頃から12日の夜11時頃まで、韓都衣舍、欧莎、七格格、优衣库(ユニクロ)などの数10社の大型店舗に攻撃をかけました。


攻撃方法としては、何人ものユーザーが、これら大型店のある商品をある時間に集中して落札して、その店舗に悪い評価を与え、さらに返品することで、店舗運営に大きな影響を与えました。


被害にあった多くの店では出品を取り消して、タオバオ自体も警察に通報していますので、今はもう収束しつつあります。


攻撃に関わった人のインタビューでは、この改訂で恩恵を受ける(?)大型店舗を攻撃することで、この改訂への注目を集めたかったとのことですが、大型店舗にとってはとんだとばっちりですね。


ただ中小店舗オーナーが言うように、この料金では資金力やコストの関係で、大手しかやっていけないのも事実です。


今まで決済などの関係で、独自サイトとタオバオモール出店の組み合わせもお勧めしていましたが、今後は方法を転換する必要がありますね。


上海で中国語ホームページ制作なら、まずは無料お見積り!

中国語WEB制作工房「無料見積フォーム」