Googleアドワーズのコンテンツマッチ広告で、「中国関係」の広告を出されている方は、自分の広告がどのようなサイトに掲載されているか、定期的にチェックしましょう。

なぜなら、あなたの広告が全く効果のないサイトに掲載されている可能性が大だからです。しかも広告収入狙いで不正クリックされて広告費がムダになっているかもしれません。

どんなサイトに掲載されているかは、差し支えがあるので言いませんが、ドメインは違っても、中身は同じサイトばかりなので、チェックすればすぐ分かると思います。

しかもこれらのサイトは、次から次へと新しいドメインで同じサイトを量産しているので、私も大体2週間に1回は掃除しています。

お掃除の方法は下記のとおりです。

1.アドワーズ管理画面の「レポート」タブから「レポート作成」を選択

2.「レポート形式」項目の「レポート配信先の掲載結果」をチェック

3.対象期間、キャンペーン、広告グループなどを設定して、「レポート作成ボタン」をクリック。

4.作成されたレポートの「クリック数」が多い順に並び替えて、上位に掲載されたサイトのURLをブラウザにコピペして、どんなサイトか調べる。

5.変なサイトなら「運用ツール」の「サイトとカテゴリの除外 」でそのサイトを除外します。

以上、これで大分にムダな広告費を節約できて、効果的に広告を配信することができるようになります。

特に「クリック数は多いけど、あまり反応が無いなぁ」という方は一度試してみる価値アリです。

中国で売れるホームページなら
上海の集客ホームページ制作「コラボシステムズ」