10/16の記事「中国関係のコンテンツマッチ広告は定期的にお掃除」でお話したとおり、今までGoogleのコンテンツマッチ広告は2週間に1回は掲載先ホームページを確認して、不正クリック目的のホームページを削除をしていました。

しかし最近、新しい不正クリック用ホームページの出現速度がますます速くなってきたため、掃除の頻度も1週間に1回になり、それでも削除が追いつかなくなってきたので、とうとうプレースメントターゲット(指定したWEBサイトのみ広告掲載)にしました。

その結果、クリック数は減りましたが、かなりコンバージョン率が改善しましたので、コストも削減でき、反応数もアップし、広告の費用対効果が高まりました

お掃除も不要で、逆に反応率の高そうな中国関係のホームページを広告掲載先に追加していくだけなので、メンテナンスも楽です。

中国関係のコンテンツマッチ広告掲載の方で、不正クリックにお困りの方は、是非一度試してみてください。

上海コラボシステムズの中国語ホームページ制作
集客用サイト「売れる中国語ホームページ」
会社案内サイト「ローコスト中国語WEB」