最近は上海からまともに繋がらないことが多いグーグルが、検索時に切断された時に某政府を批判するようなメッセージを表示していますね。


どちらにしても検索結果は表示されないので、利用者にとっては、あまり意味のないような気がしますが・・・


詳しくは、以下の産経新聞の記事をご参考ください。


米グーグルが香港経由で行っている中国語の検索サービスで、政治問題に関わるキーワードを含む中国本土からのアクセスに対し、画面上で、「切断の可能性があるが、この切断にグーグルは関与していない」と、暗に中国の検閲を批判するメッセージを表示し始めた。


グーグルは2年前、中国当局の検閲強化に反発、中国本土での検索サービスから撤退し、香港に拠点を移した経緯がある。今回のメッセージには検閲懸念のあるキーワードを特定する機能がある。また中国本土でのグーグル接続は不安定な状態が続いている。


グーグルに限らず、中国当局が体制批判や国家統一への挑戦と判断したキーワードでのネット検索は、これまで中国で「利用できない」との表示だけで“門前払い”されてきた。今回のグーグルの措置は一歩踏み込んだ表現でユーザーと認識の共有を図る狙いがあるものとみられる。


最近では「胡」「江」など胡錦濤国家主席や江沢民前国家主席の姓の漢字までが検閲の対象になり始めている。中国当局はネット世論にピリピリしている。