ニュースなどでも報じられているように、この4月21日より、グーグルはスマートフォンに最適化されたサイトが「モバイルでの」検索結果で優遇されやすくなる変更を実施しました。

これに実施に伴い、PCとスマホ両方対応できるレスポンシブサイトへの移行がさらに進むと思われます。

グーグルが退場した中国市場では、今回の実施はあまり影響がありませんが、中国検索エンジン最大手の百度もすでに同様の対応をしています。

また百度の場合、スマホを使ってモバイル回線で検索すると、スマホ未対応サイトは自動的にスマホサイトに変換されて表示されること(SiteAppコード変換)の方が問題かもしれません。

何が問題かと言うと、スマホサイトに自動変換されると、元のPCサイトと違うレイアウトになるため、見せたい内容が表示されていない場合が多いのです。

中国語サイトをお持ちの方は、スマホ検索で優遇されるだけでなく、きちんと見せたい内容を表示させるためにも、早めにスマホ対応サイトに切り替えられることをオススメします。