WeChat公式アカウントの開設では、購読アカウント、サービスアカウント共に「認証」(微信认证)の取得が勧められています。

ではこの「認証」を取得することで、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?認証を取得することで、使えるようになる機能を以下にまとめてみました。

機能 内容
アカウント名の保護 他社に同じアカウント名を取得されないように保護(先着順)
アカウント検索の上位表示 公式アカウント検索時に認証済アカウントは上位表示される傾向
認証マークの表示 アカウントに認証(Vマーク)表示されるため、信頼度がアップ
搜狗検索での表示 中国大手検索エンジン「搜狗」の検索結果に公式アカウントが表示
複数名での対応 フォロワーからの問合せメッセージに複数名で対応可能(5名まで)
メニューから外部リンク(*2) 公式アカウント下部のメニューから外部へ直接リンクが可能
クーポン機能(*1) クーポンの発行が可能(中国法人で該当業種の営業許可が必要)
広告掲載 他の公式アカウント(5万フォロワー以上)の記事に広告掲載可能
広告枠の提供 他の公式アカウント向けに広告枠を提供可能(5万フォロワー以上)
WeChatペイメント(*1) 公式アカウント内、QRコード、実店舗などでWeChat決済が可能
WeChatショップ(*1) WeChatショップ開設とショップ内でのWeChat決済が可能

*1:サービスアカウントのみ利用可能
*2:サービスアカウントは認証無しでも可能

中国法人と該当業種の営業許可がないと、決済機能やクーポン機能は使えないので、日本法人が代行業者に依頼される場合、実際に関連してくるのは以下の7つの機能になるかとおもいます。

  • アカウント名の保護
  • アカウント検索の上位表示
  • 認証マークの表示
  • 搜狗検索での表示
  • 複数名での対応
  • メニューから外部リンク
  • 広告掲載

特にアカウント名の保護や検索での上位表示、複数名での対応などは必要な場合が多いので、当社のWeChat公式アカウント運用代行でも、「認証あり」「認証なし」の両サービスを提供しています。

WeChat公式アカウント運用代行について

訪日中国人観光客を中心に、ますます集客効果が高くなってきているWeChat公式アカウント。WeChat公式アカウント運用代行サービスの詳細について知りたい方は、以下をクリック!

WeChat公式アカウント運用代行について