以前に百度の広告として、「竟价排名」と「火爆地帯」を紹介しましたが、もう一つ「網盟推広」というのがあります。

これは検索連動型ではなく、グーグルにおけるコンテンツマッチと似たような広告です。

百度の説明によると、掲載先は30万サイト、毎日40億回のページビュー、中国におけるネットユーザの95%をカバーしているとのことです。

テキスト広告だけでなく、グーグルのディスプレイ広告と同じような画像広告も掲載できます。

ターゲットに合わせて広告掲載先を細かく設定できるのが売りで、大きく分けて下記の3種類の設定方法があります。

1.掲載先サイト
2.関連キーワード
3.掲載先地域

やっぱりグーグルのコンテンツマッチに似ていますね(笑)

それぞれの詳しい内容については、また次回説明していきたいと思います。

上海コラボシステムズの中国語ホームページ制作
集客用サイト「売れる中国語ホームページ」
会社案内サイト「ローコスト中国語WEB」