前回紹介した百度のコンテンツマッチ広告「網盟推広」は、ターゲットを細かく設定した広告掲載が売りですが、その設定条件を紹介します。

1.掲載先サイト
サイトの業種、個別指定(会社名など)、レベル(アクセス数など)

2.関連キーワード
サイトに含まれるキーワード、およびその関連キーワード(システムが自動推測)
  
3.掲載先地域
省・市などの地域、およびキャリア、学校、ネットカフェなどの利用ネットワーク

基本的にはグーグルのコンテンツマッチと似ていますので、それを参考にできますね。

関連キーワードの精度は場合によって「?」という場合もありますが、サイトを個別指定してピンポイントに広告掲載したい場合はかなり効果を発揮します。

中国人のネットユーザは好奇心旺盛なので、ムダなクリックを増やさないためにも、いろんな条件でターゲットを絞って掲載してみてください。

上海コラボシステムズの中国語ホームページ制作
集客用サイト「売れる中国語ホームページ
会社案内サイト「ローコスト中国語WEB」