今まで日本メーカーの同じ製品は、中国よりも日本の方が安いというのが定番でした。

しかし最近では価格逆転が起こっている製品もあります。

例えば大塚製薬の「SOYJOY」

日本では店頭価格が大体90~100円。それが上海では3.5元~4元(46.5円~53.2円)

生産地などは違うかも知れませんが、成分は大きな差がないと思います。

もちろん最近の円高の影響もありますが、食品など現地価格を考慮して本格的に中国市場を狙った商品では、中国の方が安い場合も出てきています。

今後は中国製の日本メーカーの製品を輸入して、日本で販売するというのもアリかも知れませんね。

上海の売れる中国語ホームページ制作「コラボシステムズ」