ヤフーは今年の夏までに中国最大手の淘宝網(タオバオワン)とネット通販サイトを相互接続し、中国から日本の商品、日本から中国の商品を購入できるようにするらしいです。

決済もそれぞれの通貨の決済サービスが使えるので、かなり便利です。今後はますます日中間のネット販売が加速しそうですね。

以下は、4月1日の日経新聞からの抜粋記事です。

—————————————————————–

インターネット通信販売で日中の大手が連携する。国内2位のヤフーは夏までに中国最大手の淘宝網(タオバオ)とネット通販サイトを相互接続。中国から日本の商品、日本から中国の商品を購入できるようにする。

タオバオはソフトバンクが出資する中国の大手ネット企業、アリババグループの中核企業。約210万店が出店し、会員数は09年12月末で1億7000万人に上る。ヤフーの通販サイトの出店数は約1万7300店で、利用会員は約1900万人。

両社はネット通販サイトの相互接続で最終調整に入った。早ければ6月にも相互接続し、日中の消費者が自国のサイト経由で相手国の商品を手軽に買えるようにする。日本のヤフーがネット通販で海外進出するのは初めて。

双方のサイト上の商品情報を相手国の言語に自動翻訳して表示する。日本の消費者はヤフーを窓口にクレジットカードやネット銀行経由で代金を支払う。中国側はアリババグループでオンライン決済サービスを提供するアリペイを利用する。

商品の配送は日本の大手物流会社と組むことを検討している。東京―北京の国際小包の送料は1キログラムあたり2千円前後だが、これより割安に設定する見込みだ。中国人観光客に人気がある日本のデジタル家電やブランド品が売れ筋になるとみている。

原則としてすべての商品を相互販売の対象とするが、双方の国の規制などで販売できない商品は事前にチェックしてサイトに表示しない。両社がサイトを監視し、海賊版CDなど問題のある商品は排除する。

—————————————————————–

中国で自社ブランドのネット販売ならタオバオモール
まずはタオバオモール出店条件の無料確認レポートでチェック!