昨日3月30日、中国からグーグル中国(http://www.google.com.hk/)の検索サービスが一時的に使えなくなっていました。

ニュースによると中国政府の「グレートファイヤウォール」検閲による遮断との結論です。

この影響かどうか分かりませんが、昨夜しばらくの間、中国からはグーグル日本(http://www.google.co.jp/)も検索ができなくなっていました。

原因はなんであれ、サービスが不安定になると、中国のユーザーがグーグルから離れていくのは時間の問題と思われます。

以下は、3月31日のウォールストリートジャーナルからの参照記事です。

—————————————————————–

米インターネット検索大手グーグルの検索サイトが30日に突然、動作を停止したことについて、中国側がユーザーによる検索を「グレートファイヤウォール」(サイト検閲システム)によって遮断しているとの結論に達した、と明らかにした。当初、技術的な問題が原因としていたが、その後この見方を覆した。

グーグルによると、同社の香港を通じた中国での検索件数は通常水準に戻ったという。同社は発表文で、「今のところ、この問題は解決しているようだ」と説明した。

しかし、今回の件で、中国政府とグーグル間の関係がいかに困難さを増しているかが示されるとともに、中国政府のグーグルとの関係が大幅に悪化する可能性が示された格好となった。グーグルは1週間ほど前に、中国の検閲政策には従わない方針を表明し、中国本土版ウェブサイトのユーザーを同社香港版サイトに自動転送する措置を講じた。

グーグルはこの日、大規模な検索サイトの作動停止の原因究明に奔走した。中国国内から検索すると、グーグルの香港版サイト上でエラーメッセージが表示される状況が生じていた。

—————————————————————–

中国で自社ブランドのネット販売ならタオバオモール
まずはタオバオモール出店条件の無料確認レポートでチェック!