4月12日、アリババグループは中国および国際ネット決済システムとサービス整備のため、今後5年間で同グループの決済会社のアリペイ(支付宝)に50億元(約685億円)の投資をすることを発表しました。

中国互聨網絡信息中心(CNNIC)の最新の統計では、2009年の中国のネット決済サービスの利用者数は9406万人、昨年からの増加率は80.9%にものぼっています。

また易観国際の調査結果では、09年の中国のネット決済総額は5550億元を超えており、ネット決済は中国の金融市場においても非常に大きな位置を占めています。

アリババグループでは、国内市場の発展だけでなく、前回のヤフーとタオバオの提携など、国際ビジネスを拡大するためにも、各サービスの中核決済サービスであるアリペイ(支付宝)をさらに強化するようです。

詳しくは4月12日の人民網をご覧ください(中国語です)
http://it.people.com.cn/GB/42891/42894/11343745.html

—————————————————————–

中国で自社ブランドのネット販売ならタオバオモール
まずはタオバオモール出店条件の無料確認レポートでチェック!