グーグルの中国でのICPライセンス(Internet Content Provider license)が更新できたようです。それに伴い、グーグル中国から香港へのリダイレクトも再開されました。

しかしリダイレクトが中止されていたこの2週間ほどの間で、私の周りでもかなりの数の中国人ユーザーが百度に流れました。

実際使ってみると分かるのですが、グーグル中国から香港へは自動転送の代わりに、香港へのリンク画像を置かれていて、それをクリックしないと香港へは転送されません。つまり手間がひとつ増えるわけです。

面倒なことが嫌いな中国人ユーザーにとっては、百度に移行するのに十分な理由になりますね。

以下は7月9日の共同ニュースの参考記事です。

—————————————————————–

米インターネット検索大手グーグルは9日、中国政府から中国でのネット業務に必要な許可証の更新を受けたと発表した。グーグルと中国政府はネット検閲をめぐり対立してきたが、中国側が業務許可証を更新したことで決定的な事態は回避した。

グーグルは、3月に中国本土での中国語のネット検索サービスから撤退。中国本土向けウェブサイトの利用者には香港のサイトへ自動転送する形でサービスを提供していたが、6月末で中国での業務許可が期限を迎えたため新たなサイトで香港のサイトにリンクさせる方式に変更し、新サイトの許可を中国側に申請していた。

9日に新サイトを見ると、許可証の番号が記されている。グーグルは「中国政府が許可証を更新し、中国のユーザーにネット検索などのサービスを提供し続けられることをとても喜んでいる」との談話を出した。

米中関係は、グーグルの撤退問題などをめぐり一時悪化したが現在は改善傾向にあり、中国側にはこうしたムードに水を差さないようにする狙いがあるとみられる。一方、グーグル側には今後も成長が見込まれる巨大市場の中国に足場を残したいとの思惑があり、妥協が成立した形だ。

—————————————————————–

ただいま無料デザイン実施中!
中国語ホームページ製作「中国語WEB製作工房」