この7月から銀聯(中国のデビッドカード)でもオンラインモールを開始していますが、そこでも日本商品を専門に扱う「日本館」と呼ばれるコーナーがあります。

銀聯在線商城「日本館」
http://emall.chinapay.com/japan.html

内容的には、タオバオの「淘日本」の銀聯版って感じですね。

タオバオではアリペイ(支付宝)というペイパルと似た決済方式が中心ですが、銀聯オンラインモールでは、中国の銀行カードの大半に付帯されている銀聯で決済しますので、さらにユーザ層は広くなります。

日本では富士通ビジネスシステム関連会社のFJBエージェントが8月から出店代行サービスを始めていて、中国語対応、国際発送、日本円での入金なども代行しているようです。

FJBエージェント サービスメニュー
http://www.fjba.co.jp/china_net/service.html

中国のオンライン決済はまだまだアリペイが主流ですが、銀聯も銀行カードのユーザ層をバックに、何とかそこに食い込もうとしているようです。

—————————————————————–

ただいま無料デザイン実施中!
上海の中国語ホームページ製作「中国語WEB製作工房」