中国政府のネット管理強化に伴い、今年の7月からICP申請方法も厳しくなっています。

最近は日本サーバ使用のホームページ制作案件ばかりで気づかなかったのですが、申請方法がかなり変わりました。

今まではサイト管理者自身が、ネット経由で全ての申請手続きを行うことができました。

しかし現在はすべてISP経由の申請になり、署名捺印付の申請書類、証明書類のコピー提出だけでなく、サイト管理者がISPまで出向いて、その人の写真まで撮影しないといけません。

しかも既存のICP登録でも、登録内容の変更が発生する場合は、新規申請と同じ手続きになります。

地方のユーザで上海のISPのサーバを使っていたりする場合、わざわざ上海まで出向かないといけないので、非常に大変です。

ネット管理強化の一環というのは分かりますが、ネット関連の申請にも関わらず、アナログな手続きが必要って、やっぱり変ですよね(苦笑)

———————————————————-

中国語ホームページ制作なら「中国語WEB制作工房」