この10月9日から、タオバオが新しい検索サイト「ETAO」の試験運用を開始しました。

http://www.etao.com/

もちろんメインの目的はタオバオへの誘導ですが、それ以外にもその検索キーワードに関するQ&Aやユーザの意見、そして通常のサイト検索結果も表示されます。

面白いことに、「サイト検索」のエンジンはBingを採用!

タオバオはアリババグループですが、アリババの大株主は米Yahoo(40%)です。

しかも中国Yahooはアリババグループが運営していますので、同じグループで2つの検索サイトを持つことになり、しかもエンジンは別になります。

最近アリババは米Yahooから自社株の買戻しを打診したり、米YahooCEOの取締役会入りを拒否したりして、両社の関係はあまり良くないようです。

*ヤフー香港が中国本土のネット広告事業に乗り出す考えを示したことが原因とも言われています。

Google撤退後の中国で、タオバオの巨大なユーザ数をバックにした、この新しい検索サイトがどこまで成長できるか。今後の動向に要注意です。

———————————————————-

上海の中国語ホームページ制作「中国語WEB制作工房」