中国の旅行、ホテル、飛行機チケットの予約サイトでは、「携程旅行網」(Ctrip)が代表的ですが、最近はタオバオ(淘宝)も同じようなサービスを始めています。

タオバオ旅行(淘宝旅行)
http://jipiao.taobao.com/

サービス内容は「携程旅行網」とほぼ同じですが、ポイントは決済です。

タオバオ(淘宝網)のアカウントと共通ですので、タオバオ会員はそのままアリペイ(支付宝)で簡単に支払うことができます。(非会員でも支払い可能です)

「携程旅行網」でもアリペイ(支付宝)決済は可能ですが、タオバオと共通アカウントというのは、やっぱりユーザにとって便利ですね。

と、思っていたら、11月23日にアリペイは、無形サービスのECプラットフォームを設立し、衣食住の各方面でユーザにより便利な決済サービスを提供する「聚生活」戦略の発表しました。

財新網(中国語)
http://business.caing.com/2010-11-23/100201199.html

すでに2008年から上海など主要都市では、公共料金、学費、罰金などをアリペイ(支付宝)で支払うことができるようになっています。

今回はそれを更に多くの地域や領域に拡大するためのもので、アリペイでは「聚生活」サービス提供者への技術サポート、サービス標準化、資金サポートなどを行うとのことです。

タオバオ、アリペイという強力な武器を持ったアリババグループの拡大は、今後ますます加速しそうです。

———————————————————-

上海の中国語ホームページ制作「中国語WEB制作工房」